データは失ってからでは手遅れ

今は大丈夫。コピーは取ってあるし・・・USBに保存しているし・・・

企業にとってデータは値段の付けようのない資産です。最後にバックアップを更新したのはいつですか?データを保管している機器をお使いになったのはいつですか?

トラブルはいつも予期せぬ時に起こります。PCの急な故障、USBを落としてしまった、動いていたはずの機器が故障していた、サーバー導入費が高額すぎて手が出せない。そんなお悩みを解決し、全自動バックアップ、機器の保守メンテを含んだトータルサービスを定額で提供できるのが”エコファイルサーバーシステム”です。導入のプランはお問い合わせいただき、お客様に合わせたプランをご提供させていただきます。

中小企業零細企業での業務の標準化の遅れ

事業が拡大して行くと、複数の人が連携して処理しなければ円滑なデータ処理はできません。

1人1人バラバラに行ってしまうような、自然に行われる標準化は、自分の身の回りの単純な事務改善に留まってしまう欠点があります。又「管理のための人材不足」と「標準化の遅れ」た企業では日々の業務に追われており、本来あるべき姿や専門知識の蓄積ができていない状態に陥っている場合があります。逆な言い方をすれば、これができていれば、自然に「情報の共有化」が進む方向に向かいます。

「業務の標準化」とは、「何でもできるスーパーな人」を1人作るのではなく、誰か欠けてもちゃんと業務が進むように、仕事を標準化して、誰でもできる体制を作ることが大切です。

各種SNS